演劇バカと人は云う(10月5日稽古日記)

はるです。監禁稽古が始まって1ヶ月、ようやくこの長い稽古時間に身体が慣れてきました。
劇団外の人に「どれくらいの時間稽古するんですか?」と聞かれ、「この時期は土日の1時10時ですね」と答えると、大抵の人が目を見開き「えっ?」とか「は?」とか言います。ごもっともな反応です(笑)意外と時間をかけて作っているのですよ我々は!( ー`дー´)キリッ

さて本日の稽古はずっと狭い練習室だったので、前半は打合せがメインでした。

追加台本作りと筋肉痛の会長
衣装打合せとワニ(過去衣装)姿の会長
切羽詰まってきた演出と教育ママのような元会長

演出が忙しい間、役者は自主練の時間となりました。他メンバーが冒頭シーンをわちゃわちゃ稽古している最中、私はひとり廊下でダンスシーンの練習。できなさにため息しか出ない…まだまだ先は長いなぁ(T_T)

後半は人数も揃ってきて、各所シーンの稽古をしました。自ら小道具の提案をした彼は、果たしてそれをどう処理するのか、いや処理できるのか?注目ポイントですね。

紙袋の中身が明かされる日はくるのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です