犯人は私だった(8月3日稽古日記)

今週の稽古ブログアップされないなー

誰だよ遅いなー

…と思ってた昨日、自分がブログ当番だったことに気付き驚愕しました。
おはようございます。はるです。

最近本当にもの忘れがひどい。加えてセリフ覚えも年々悪くなってる気がする。スマホの便利さに慣れて脳みそ使わなくなるのもいかがなものか、と思う今日この頃です。

さて今回は本公演の稽古ではなく、来年の公演に向けた話し合いでした。劇団宇宙の森は長い間、固定の2人が隔年で演出を務めていましたが、近年の新勢力により、今まさに群雄割拠の演出戦国時代が到来してます!(大げさ)
要は演出やってみたいよーという人が増えたので、早くから準備できるように、今年の稽古が忙しくなる前に来年の演出・脚本を決めてしまおうということですね。良き良き(●´ω`●)

話し合いは総会スタイルで
遅刻すると罰金を取られる(嘘)

立候補者から、演出したい作品と、演出として何を大切にしたいか、ということが語られました。それぞれ違う色があり、とても面白く聴くことができました。いざ演出を決めるにあたっては血みどろの闘い…ではなく、団員の投票で多数決、穏便に決まりました。発表はまだ先ですが、また宇宙の森の新しい一面を引き出してくれることでしょう。今年はもちろん、来年の公演もお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です