previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

公演詳細

あらすじ

物語の入り口は午前二時。それは約束の昆虫採集を前に「父さんが消えた」時間。あの夏休みから七年。日向は十九歳、人が眠り夢見る深夜、父の元勤務先モノクロ社で守衛をしている。妹の羽はここ何日か、高校を休みがち。過度の眠気に襲われて、夢ばかりみているのだ。母のはこべは、見果てぬ夢(踊り子になること)の後始末をするかのように、場末の酒場猫舌亭から請け負った踊りの衣装を徹夜で縫っていた。今夜のショー「お熱いのは苦手」で亭主マダムノラが踊るための、それは夜明け色の美しいドレスだった。日向が届けに行くことになるのだが。午前二時で、今ふと時間が立ち止まる。そして、それから。あの夏休みがまだ終わらない。


上演日時

2003年11月16日(日)
開場14:30 開演15:00


会場

府中の森芸術劇場 ふるさとホール


スタッフ/キャスト

スタッフ

主催:府中市・府中市民芸術文化祭実行委員会
主管:劇団宇宙の森

脚本:九鬼みう
演出:甲斐寛っ章

音楽:吉宮真未

舞台・音響・照明:フルスペック

☆スペシャルサンクス☆
藤巻光
野口敬右
中田順子
勝俣美香
中島弘子
塩島信吾
山村遊哲

キャスト

津田雅史 永田由美子 吉岡美和子
甲斐寛っ章 吉宮真未 足立和代
田口祥子 実埜良羽 稲本弥月


作者より

彼女がピアノのおけいこ始めるとママもPiano Lesson再開した。彼女が演劇部入るとママも宇宙の森の扉叩いた。彼女が食卓で脚本書き始めるとママも両肘ついて横目で見てた、BGMはMy Foolish Heart。ママの娘は彼女で、娘のママは私。溢れたり煌めいたりする光のママに、沈めたり浮かべたりする闇のママに、彷徨い迷う心のママそのママに生まれた処女戯曲『眠れないほど夢を見て』ママナワタシ、が眠れないほど夢見た光景は、今日この日、皆様の素敵な笑顔!心からの願いはひとつ。ただただ楽しんでくださること!

九鬼みう

♪ 今年は4曲の新しい歌ができました ♪

作詞 九鬼みう/作曲 吉宮真未

「お熱いのは苦手」

(1番)
お熱いのは苦手 ちょっと冷まして
でも冷たい目であたしを見ないで
街角に立ってあたしは祈った
「星空だった」
どうか神様今夜も火傷しませんように
(2番)
恋も夢もスープも ちょっとさまして
でもさめすぎちゃったらいただけないわ
不埒なあの人からのプラチナリング
「放り投げて」
Holy nightにfall in love
(3番)
お熱いのは苦手 ちょっと覚まして
でも覚めすぎちゃったらいただけないわ
黄昏の花売り 夜明けの少女
「星が流れた」
でも覚めすぎちゃったらいただけないわ
いただけないわ

「ショーみたいな夢」

ショーみたいな夢
夢のようなショー
螺旋階段を昇り詰めて
高鳴る胸抑えて
落ちていくのが昇っていくよな
甘く切ない悲しみに似た
泡立つ夢の
チェリー チェリー シェリー酒

「誕生日の歌」

Happy birthday to you
Happy birthday to you
(1番)

今 生まれた あなたにあげる
明ける街 赤い靴 アンダースロー
世界中の全てのものは あなたへの贈り物
(2番)
さっき逝ってしまった 君がくれた
暮れる空 黒い靴 空中ブランコ
世界中の全てのものはあなたからの贈り物
(3番)
あお雲飛ぶ日に 光る風の色に
君が笑う あなたが笑う
全てに君を捜す あなたの全てを聴く
Happy birthday to you
Happy birthday to you

「日曜日の朝に雨が降ったら」

日曜日の朝に雨が降ったら
傘をたたんで 口笛吹いて 街を歩こう
誰のためでもない 役にも立たない
碌でなしの私と Pause Cafe
小さな花束 ひとつ買って
白いシャツの おしゃれして
日曜日の朝に雨が降ったら
碌でなしの私に会いに行こう
昨日の帽子を 斜に被って
今日の花を ひとつ挿して
日曜日の朝に雨が降ったら
碌でなしの私に会いに行こう
碌でなしの私に会いに行こう


チラシ