滅亡の危機に瀕した人類が繰り広げる愛憎スぺクタル、はたまたコメディー?

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

公演詳細

あらすじ

地球の大気は汚染されつくし、人々は巨大ドームの中でしか生きながらえなくなった。
一つの国は幾つもの小さなドームに分割され、無数の小国家が誕生した。
その人工的な環境の中で、男性と女性しか存在しなかった筈の人間にもう一つの性が出来た。
中性。
男性の様でありながら、生殖能力を失った人々。
女性の様でありながら、その力を無くした者達。
密やかに、人間という種の絶滅の危機が迫っている。
その危機から目をそらし、自らの手で新しい命を作り出す事に躍起になっている者達。高確率の受精を求めるあまり、その能力を持つ者達の自由な恋愛、結婚は禁じられた。
男と女の愛は過去の遺物となった。
しかし、どんなに科学が進歩しても、小さな命を体外で育む事は今だ成し得ない。女性の子宮なくして出産はあり得ない。
そうして、妊娠の能力を持つ者は国の管理下に置かれながらも、大きな力を持つようになり、女性の力は揺るぎないものとなっていった。
世は女系社会。
この小国家の二大勢力、モンタギュー家とキャピュレット家。
かたや、精子提供の名門であり、人々の生殖行為を管理しようとするモンタギュー家。かたや、今も妊娠の能力を持ち続け、昔ながらの自然妊娠、出産と子育てを一貫しているキャピュレット家。
その両家の姫と若殿が、どうしたことか恋に落ちたから、さぁ大変。
いつの世も常識を覆すのは、恐れを知らぬ若い者達。
人類を救うのは君達、若い世代。
大きな自然の力をねじ曲げてしまった人間達の行く末を案ずる者はいないのか。
二人の恋は成就するのか、はたまた1000年の昔と同様、悲劇に終わるのか、それは見てのお楽しみ。


上演日時

1998年10月11日(日)
開場14:30 開演15:00


会場

府中の森芸術劇場 ふるさとホール


スタッフ/キャスト

スタッフ

主催:府中市・府中市民芸術文化祭実行委員会
主管:劇団宇宙の森

脚本:竹下志磨
演出:愛岡太郎

キャスト

吉岡美和子 原田慈夫 小口久美子
河井出遊 津田雅史 多田今日子
佐々木清美 吉宮真美 永田由美子
熊谷栄子 甲斐寛章 根津睦子


チラシ