第55回府中市民芸術文化祭オープニングフェスティバル(2019年9月1日)

こんにちは、舩津です。もう9月ですね、早いですね、早すぎてイヤになりますね、ちくしょう。

さてさて9月1日に、市制施行65周年記念事業 第55回府中市民芸術文化祭のオープニングフェスティバルが府中の森芸術劇場ふるさとホールで開催されました。

府中市民芸術文化祭とはなんぞや???オープニングフェスティバルとはなんぞや???という方のために、以下公式HPより引用です。

 府中市民芸術文化祭は、市民の皆さんが日頃から自主的に行なっている芸術文化活動の成果を発表するとともに、それらを通して相互に交流を深め、市民文化の向上を図ることを目的として昭和39年から毎年開催し、今回で55回目を迎えます。
 今年は9月1日(日曜日)から11月24日(日曜日)の約3か月にわたり、文芸・美術・音楽・舞踊・演劇・生活文化など、多彩な分野の催しものを行います。また、府中の森芸術劇場ふるさとホールで行われるオープニングフェスティバルでは、市内で活動している文化団体の発表の他、さまざまな演目を予定しております。
 催しものは、観覧無料です(一部入場料あり)。市民の日頃の文化活動の成果をぜひご覧ください。

https://www.city.fuchu.tokyo.jp/gyosei/fuchusinogaiyo/dento/fuchushimin.html

我ら劇団宇宙の森の催し物は当然「演劇」です。11月24日に府中の森芸術劇場ふるさとホールで作品「鏡のなかの花 水にうかぶ月」を発表します。詳細等はこのHPでまたお知らせしますので、ぜひチェックしてください。

さて少しオープニングフェスティバルの様子を。

今年宇宙の森は発表等はなく、映像による府中市芸術文化協会団体紹介のみの参加でした。

他団体の映像紹介を観ながら自分たちの出番を待つ劇団員。
劇団宇宙の森の映像紹介。
映っているのは昨年の公演 「Miss Robot Loves him 2018 さくら」のオープニングシーン。
役目を終えたプラカード。

オープニングフェスティバルも無事終わり、劇団員一同、公演に向けて徐々にエンジンがかかってきました。その模様は稽古場ブログでご覧ください。

ではでは。舩津でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です