大臀筋が痛い(10月20日稽古日記)

ども。🐶とし🐶でございます。

まずは、この度の台風19号により被災された皆様、心よりお見舞い申し上げます。1日も早い復興をお祈り致します。

さて、稽古ですが。合宿も終わり、いよいよ大詰め感が高まってまいりました。私が稽古場に少し遅れて到着すると、場ミリ隊長の津田さんがいないため、場ミリ大混乱😅そんな中、黙々と何やら作業する永田姐さん。

ワラジ職人、巨大ワラジを編むの図

演技に関しても、詰めの段階なわけですが、色々な舞台の大道具・小道具も具体的な段階に。ぼんやりとした構想を、いつ誰がどこに設置し、どこをどのように動かすか、などを考えて実際に稽古で試していかないといけません。幸いうちの劇団には、三度のメシより道具や機巧を考えるのが大好きというメンバーがいますので、目をキラキラさせながら詰めていきます。

比田茉莉氏「今すぐホームセンターに走りたい…」

昼間の稽古が終わり、🐶の散歩と食餌の為、私は一瞬帰宅。貪欲にトイレ掃除もこなし(私優秀✨)、稽古場に戻ると…。何やら台本を囲んで、演出とはるちゃんが話し合っている様子。何をしているか聞いてみると、な、なんと本番まで残り約1か月にして、役を根本的に変更するとのこと。それに伴い、台詞も1部変更・追加するらしい。攻めとる…攻めとるな…!!!

チャレンジャーはる氏と、相手役のり氏。「例えどんなあなたでも、受け止めてみせるわ!」

そして夜の稽古は主に、ある続きのシーンの曲を決めるために、シーンを繰り返し行いました。芝居の稽古というよりは曲を決めるための稽古だったので、実験的なアプローチも試せてそれはそれで良かったです。しかし演出の選択してきた曲が、どれも主張が強い曲だったので、ついつい聴いてしまい、なかなか演技に身が入らないという、滅多に味わえない体験もしましたw(普通は曲が芝居を助ける)

稽古の最後はダンス練習。1ヶ月程前から、大臀筋(お尻の上の方の筋肉)の痛みに悩まされている私。ダンスや昨日の能舞台設営が、私の大臀筋痛を加速させる…!!!

そんな大臀筋の痛みも克服し、素晴らしい舞台をお見せ出来るように頑張ります!11月24日、劇場でお会いしましょう^_^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です